So-net無料ブログ作成

大岩山・羽根子山・高川山 [富士山とその周辺]

2019/05/18(土)

■第408回 : 大岩山(753m)・羽根子山(896m)・高川山(975m)


この日の行先は、前回の扇山・百蔵山と同じく、山梨百名山に名を連ね、秀麗富嶽十二景の1座でもある高川山です。2007年に登って以来の再訪になるという点も、前回と類似するケースとなりました。
今回は、大岩山や羽根子山から縦走する、いわゆるバリエーションルートで高川山を目指した結果、朝1番で歩いたこともあってか、比較的人気が高いはずの山なのに、人と会うことがほとんどなくて静かに過ごせています。

(往路)
古淵 04:59-05:21 八王子 05:35-06:19 大月
大月 06:23-06:29 初狩

(登山行程)
初狩駅    06:35
屏風岩山   07:25-07:30
大岩山    07:45-07:55
向峠(鍵掛峠) 08:05
カンバ沢ノ頭 08:50-08:55
羽根子山   09:00-09:05
高川山    09:30-09:45
中谷入登山口 10:25
道の駅 つる  10:45-11:00
禾生駅    11:10

(復路)
禾生 11:25-12:22 高尾 12:23-12:29 八王子
八王子 12:40-13:03 古淵


大きなマップで見る(Googleが運営するFirebaseのサイトに遷移します。※上に埋め込んだマップも同サイト上のものです)

最寄駅の始発電車から乗り継いで、朝6時半に初狩駅に到着。この駅で同じ電車から降りたのは私だけでした。
線路をくぐった先で、高川山への道標が左折を示しているのを無視して右折すると、次の角にも高川山登山口の標識が。この先は現在ではバリエーションルートの扱いですが、かつては一般的な登山道だったのでしょうか。
その道に入ると、道の両脇に点在していた家並みはすぐになくなって、未舗装の砂利道に変わりました。
ほどなく別の砂利道に突き当たると、その先からは山道に変わるはずなのですが‥‥。
少し右にズレた位置で見つかったその山道は、予想外に草深くて(実際は、この写真から受ける印象よりも、道の存在がずっと明瞭に見えていましたが)、テープによる目印がなかったら、入るのを躊躇ったことでしょう。

はじめのうちは登山口同様、草深い道が続きます。朝露でウェアが濡れるという体験を久しぶりにしました。
ただし道は細いながらも明瞭で、ヤブっぽいところもなく、進むにつれて草丈が低くなって歩きやすくなってきます。クモの糸にも時折引っ掛かる程度で、不快な思いもほとんどせずにすみました。
尾根に乗ってからは、下草もなくなってスッキリとした道に変わります。
さほどきつく感じる登りのないまま、736mの三角点を通過すると、もう屏風岩山は目と鼻の先です。
三角点からわずかに下って登れば、屏風岩山手前の分岐点。右折して、すぐ先にある屏風岩山を往復します。

ゴツゴツした岩に覆われたピークに到着。ここが屏風岩山でしょう。近くに見えているのは鶴ヶ鳥屋山。
岩山の南西面は大きく切れ落ちていますが、縁に近付かなければ危険はありません。この岩壁を下から見上げた時に屏風のように見えるとすれば、きっとそれが山名の由来なのでしょう。
この頃はまだ比較的見通しが良くて、2つ上の写真の鶴ヶ鳥屋山のほかにも、滝子山などが見えていました。
  ※下の写真にマウスを乗せると、山名ガイドを表示します。
山名標は木の幹に括られた物と、地面に落ちている物の2つがあり、どちらも私製でほぼ同じような体裁の物でした。なお、登山地図ではここを「屏風岩」としていて、山名が付いた地点としては扱っていないようです。

先程の分岐点に戻ったら、今度は直進して大岩山へ向かいます。
大岩山へは、少し下ってから同じくらい登り返します。中間地点の鞍部付近だけ、植林の景色に変わりました。

その後、登り詰めた小ピークが大岩山かと思ったら、そこでは標識などそれらしいものが一切見当たりません。
そこで右を向くと、ほんの少し先に、今いる地点よりも僅かに高そうな場所が見えています。地面には進入禁止のサインがあるので、高川山へのコースからは外れる方向なのでしょうが、それを承知の上で行ってみました。
ほんの20~30秒ほどの移動で、一番高そうな地点に到達。展望も何もない場所ですが、ここが大岩山でしょう。
大岩山の最高点の近くには私製の標識がありましたが、小さいばかりか色も地味なため最初は見落としてしまい、もう一度改めて周囲を探した時に見つけています。
高川山へは、進入禁止のサインの手前まで戻って、この岩を越えて行きます。この付近には岩らしい岩がこれしかなかったので、さほど大きな岩ではなかったけれど、これが山名の由来なのかもしれません。
大岩山から下り始めると、間もなく尾根を左に外します。尾根からの降下点に道標などの明確な案内はないものの、道筋は明瞭で目印のテープもありましたから、破線路を歩き慣れた人なら見落とす可能性は低いでしょう。

その後はやや足元の悪い下りが少し続いたのち、鞍部にある向峠を通過、反対側の尾根に取り付きます。向峠は峠越えの道が交差する十字路で、交差する道にも私製の道標による案内がありました。近ヶ坂峠への道は、明瞭なのに入口が通せんぼされていましたが、通過困難になっているのか、単なる誤進入防止なのかは分かりません。
向峠にあった私製の標識は「向峠(鍵掛峠)」となっていました。現在の登山地図はここを「向峠」とした上で、少し南にある別の峠を「鍵掛峠」としていますが、少し古い版を見るとここが「鍵掛峠」だったりするので(現在の版の鍵掛峠の地点には地名の表記がない)、年代によって地名の認識のされ方が変わってきているようです。
向峠からの登り返しは、途中から傾斜が少し急になるものの、あまり長くは続きません。
稜線に上がった所で、近ヶ坂峠からの尾根道に合わさりますが、かつて行先を案内していたらしい道標は、地面に転がっていた(写真右下)ばかりか、字もかすれて解読不能で、何も道案内がない分岐点になっていました。
あとは高川山から南西に派生している尾根を、その元までたどるだけですし、しばらくは1本道なので、進路の見極めは容易です。とはいえ、道が格段に明瞭になったわけではなく、相変わらず細い道の箇所が大半でした。
尾根上では時折、見頃のツツジが目を楽しませてくれます(ツツジは高川山まで散発的に点在していました)。
久しぶりに大きめのヘビに遭遇。しかも、なかなか登山道上から退散してもらえず、少し手を焼きました。

尾根上で小さなアップダウンを繰り返していた道は、しばらくすると急登に変わります。
急登を登り詰めたピークがカンバ沢ノ頭。ほとんど展望のない地味なピークでした。
カンバ沢ノ頭にも私製の標識がありました。

カンバ沢ノ頭から短く下って登り返した羽根子山は、狭くて、あまり居心地の良くないピークでした。
羽根子山には公的なものではなさそうながら、「つる山友会」なる団体が設置した立派な標識がありました。
前日までの天気予報では、時間が経つほど晴れてくることになっていたのに、実際は逆で、どんどん雲が厚くなってきている感じです。次に向かう高川山こそ、すぐ近くまで迫っていたのでクリアに見えていましたが‥‥。
屏風岩山から眺めた西側の山々は、すでに多くが雲の中。三ツ峠山も、見られたのはこの通り中腹まででした。

羽根子山からは、高川山が見えている左手に進路を取って、ロープが設置された急坂を下ります。直進する尾根にも踏み跡はありましたが、その入口には明確な通せんぼのサインがありましたし、羽根子山で高川山が見える方角を確認できていれば、地図を見ながら歩いている人が道を間違えることはなさそうです。
羽根子山と高川山との鞍部を過ぎると、やがて左に下る道が分かれます。ここには私製の道案内がありました。
その後はまっすぐに高川山を目指すのではなく、途中で進路を左に変えて斜面を一旦トラバース、ここで2007年にも歩いたはずの、初狩駅からの一般登山道に合流しました(この地点に羽根子山への案内はなかった模様)。
一般登山道だけあって、このあと頂上までの短い距離の間にも、この日初めて見る自分以外のハイカーとすれ違ったりしています。そして、なんだかポツリポツリと雨粒を感じ始めたのが気になりつつ、登っていくと‥‥。

高川山に到着しました。まだ朝の9時半ということもあってか、先客は3人組の若者グループのみ。いつも賑わっているはずの山なので意外でしたが、スッキリしない天気でハイカーの出足が鈍かったのかもしれません。
そう、せっかく展望の良い頂上なのに、全天を覆う雲から雨粒がパラパラ舞っているような状況で、景色がほぼ何も見えないのが残念でした。どうやら、一番天気が悪い頃に登頂のタイミングが重なってしまったようです。
富士山がどの方角に見えるはずなのかも、この展望写真に教えられなければ全く分からないような状況で‥‥。
これらの写真なども、一体どの方角を写したものなのか、定かではなくなってしまいました(苦笑)。
高川山の頂上にいる間、雨は一旦は傘を差さなければ濡れるような降り方になったものの、木陰で休憩していた自分は影響を受けずにすみました。そして15分ほど経過して、雨がほぼ降り止んだ頃に頂上を後にしています。

高川山からは禾生駅へ下ることにして、中谷入コースを目指します。一般登山道の歩きやすいことといったら。
分岐点にはもちろん道標完備です。ここで、2007年に歩いた大月方面への道を見送って右折します。
その後はジグザグ道の下りが続き、大きな九十九折りが道の傾斜を緩和していて、とても歩きやすかったです。
かなり下ったあたりで、古宿コースを右に分けて中谷入コースへ。
しばらくダラダラした下りが続いたのち、断続的に舗装された路面が現れたあたりで、前方に単独行の先行者を発見。結局この日、山の中で見掛けたハイカーは、その人を合わせて計5人という少なさでした。

中谷入コースの登山口まで下ってきました。
中谷入コースの登山口を振り返っています。
車道を歩き始めたら時折日が差してきました。とはいえその後も曇ってしまう時間も多く、少なくとも午前中いっぱいはスッキリしない天気が続きましたが、やはり高川山に登頂した頃が一番空が暗かったかなと思います。
最初の人家が現れた時、その後方に同時に見えてきたのは、リニア見学センターと、リニア中央新幹線の実験線です。興味はあるので一度は行ってみたい場所ですが、それはまた別の機会に。
防音防災フードに覆われたリニア中央新幹線の実験線は、登ってきたばかりの高川山の直下を貫いています。
リニア見学センターを脇目に見て進んだあたりに、「道の駅 つる」があります。時間が合えば昼食でもと思って、ここを下山先に選んだのでしたが、予定を大きく上回るペースで歩けた上、天気の悪かった高川山頂上での休憩も短時間で切り上げたことで、禾生駅に直行するかどうかで帰宅時間に1時間半もの差が出るタイミングになりました(富士急線の電車の間隔が1時間開いていて、1時間後の電車ではJR線への乗り継ぎも悪かったのです)。そこで昼食は後回しとし、早い電車で帰ることにして、道の駅ではトイレ&着替え休憩だけにしています。
ゴールの禾生駅に到着。ちょうど次に来るのがJR線への直通電車だったので、乗り換えが少なくて快適でした。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

扇山・百蔵山 [高尾・陣馬]

2019/05/04(土・祝)

■第407回 : 扇山(1138m)・百蔵山(1003m)


この日の行先は、JR中央線が山梨県に入ると間もなく、右側の車窓から間近に眺められる扇山と百蔵山です。
いずれも2006年に縦走して以来の再訪で、その時は駅から駅までという長いコースをガッツリ歩いたのでしたが、さすがに13年前と同じ体力はないので、今回は登り下りとも路線バスを利用して少し楽な行程にしています。

(往路)
古淵 06:43-07:06 八王子 07:13-07:21 高尾
高尾 07:43-08:04 四方津 08:34-08:57 犬目

(登山行程)
犬目バス停  08:55
扇山     10:20-10:30
宮谷分岐   11:20
百蔵山    12:00-12:15
金比羅宮   12:45
(葛野登山口) 13:10
御嶽神社   13:20-13:45
神宮橋バス停 13:55

(復路)
神宮橋 14:01-14:10 大月 14:17-14:52 高尾
高尾 14:53-15:00 八王子 15:10-15:22 橋本
橋本 15:25-15:35 古淵


大きなマップで見る(Googleが運営するFirebaseのサイトに遷移します。※上に埋め込んだマップも同サイト上のものです)

JR中央線の四方津駅で路線バスに乗り換えます。駅前にあるバス停には、私を含めて10人が並びました。
10人全員が終点の犬目バス停まで乗車。なので、きっと扇山までの行程はみんな一緒だったのでしょう。
扇山への登山口は、犬目バス停から少し車道を歩いたところにありました。

登山道は道幅が広く、少々えぐられたりしていて、昔から良く歩かれているらしい様子が良く分かります。
傾斜はいたって緩やかで、段差らしい段差の全くない素直な坂道が続くので、とても歩きやすかったです。
20分ほど登っていると少し傾斜が増しますが、それで普通の坂道になった程度で、きつい傾斜にはなりません。
登山道が植林帯を抜けて雑木林に入ると、新緑が鮮やかでした。
ツツジも咲いています。
新緑♪

犬目丸経由で登ってきた道と合流する地点は、ほぼ平坦になっていて絶好の休憩ポイントでした。
その後はふたたび植林帯に入るとともに、傾斜が少し和らぎます。
さらに登ると、今度は鳥沢駅からのコースを合わせます。植林はこのあたりまででした。
そこからの尾根道は道幅もゆったりとしていて、新緑の景色も合わさって気持ちの良い道でした。
その後は傾斜がかなりきつくなる箇所もあります。
でもそれは、さほど長くは続きません。ほどなく傾斜が収まると、いよいよ空が近くなっていて‥‥。

扇山の頂上に到着しました。そこそこの広さがあって、のんびりとした気分で過ごせます。
それなりの数の先客がいましたが、皆さんが標識の近くを避けて休まれていたおかげで、標識や展望などの写真を、人がほとんど入らない状態で撮ることができました。
山梨百名山の標柱と、秀麗富嶽十二景の標識のほか、ボロボロで判読不能になりつつある展望写真があります。
ただ、せっかくの「秀麗富嶽十二景」6番山頂なのに、遠くが霞んでいて展望の主役は不在、近くの山々ですら、あまりクリアには見えていませんでした。
  ※下の写真にマウスを乗せると、山名ガイドを表示します。
その代わりに、1本だけ咲き残っていたサクラが、頂上で憩う人たちの目を楽しませてくれていました。

扇山から百蔵山への縦走路は、こんな穏やかで心安まる尾根道から始まります。短い間でしたけれど。。。
少し下ったところにあるのが梨ノ木平への分岐点です。梨ノ木平に09:15に着くバスから降りた人たちがちょうど着くような時間だったからか、下から続々とハイカーが登ってきていました。
分岐点からほんの少し登り返すと大久保山。ほとんど何もない地味なピークです。
山名標も、私製のものが樹木に括り付けられていただけでした。

大久保山まで穏やかだった道も、大久保山を過ぎると300m近くを一気にガクンと下っていきます。ただし登山道はここでも坂道が貫かれていて、階段状になる箇所はなく、グングンと下ってしまう割に歩きやすかったです。
その後は小刻みなアップダウンが繰り返され、景色も単調で、しばらくはダラダラと歩く感じの道が続きます。
退屈気味の道の様子に少しうんざりしかけた頃、宮谷への分岐点を通過します。
分岐点を過ぎると、百蔵山への登り返しが始まりました。この細い尾根道までは、緩やかな傾斜でしたが‥‥。
やがて見上げるような急登に変わります。傾斜がきついばかりか、岩混じりの道で足場が不安定になる箇所も。
しかも、それが結構長く続いて、休み休みでなければとても登れません。
ようやく急登を登り切ると、そこは頂上直下の分岐点。先に登った扇山が、樹木の隙間から見えていました。

ちょうどお昼時の到着となったからか、百蔵山の頂上は大賑わいでした。
百蔵山にも山梨百名山の標柱と秀麗富嶽十二景の標識、そして展望写真という、扇山と同じセットがあります。
さらに百蔵山には三角点もありました。
標識のあたりを通り過ぎて、東西に長い頂上を反対側から。この背中側では大勢の人たちが休憩中でした。
展望も扇山からと同様で、富士山は影も形もありません。近くに見えている桂川対岸の山々も霞み気味でした。
  ※下の写真は縮小版で、大きな写真(文字入れなし)は こちら です。
こちらの頂上にも、咲き残りの八重桜がありました。
ところでこの日は、午後に雷雨が予報されていましたが、お昼の時点では良く晴れていて、特にその気配も感じられなかったので、頂上では皆さんゆっくり寛いでいた様子で、このあと到着される方も少なくなかったのです。
中でもバスを利用する人たちにとっては、下和田に降りるにせよ、葛野にある福泉寺に降りるにせよ、ともにバスは午後3時台までありませんから、早く下る理由もなかったことでしょう。
でも私は、少し余計に歩いて、大月駅と日影を結ぶ路線の午後2時のバスに乗ろうとしていました。その場合でも、ここを12:30頃までに出発すれば十分に間に合いそうでしたが、いつものように時間の余裕は後に残して、休憩を15分で切り上げ、12:15に下山を開始しています。このことが、結果的に自分を助けることになるのでした。

百蔵山からの下りは、しばらくはほどほどの斜度の歩きやすい道が続きます。
7~8分下ると下和田への分岐点に出ます。この少し手前で、北西らしい方向から1発だけ雷鳴が轟いてきたものの、まだまだ遠くにある印象でしたし、上空も明るいままだったので、特に危機感は持ちませんでした。
下和田への分岐を過ぎて福泉寺の方向に進むと、途端に道が細くなりました。この日はずっと広めの道ばかりを歩いてきましたが、ここから先はここまでと比べると、歩く人の少ないコースになるのでしょう。
わずかに登り返したところが大同山で、扇山の隣にあった大久保山以上に地味なピークです。
大同山には私製の標識すらなく、山名は誰かが道標にマジック書きしたものだけでした。

その後は比較的緩やかな尾根道を下っていき、登山道の脇で四等三角点を見ると、そのすぐ先で‥‥。
登山道は尾根から外れます。雷鳴はこの頃までに何度か再発しましたが、まだ散発的で距離感もありました。
尾根を外れると、待っていたのはきつい急坂でした。急斜面を細い道で強引に下る具合で、油断していると足を取られそうになる箇所も多く、ここは先を急がされるような状況になる前に通過できて良かったです。

しばらく下ると、なぜか多数の松ぼっくりが供えられた石祠が現れて‥‥。
その近くには小さな社もありました。急坂はこのあたりまでで、この先は道の傾斜も緩んでいきます。
もう少し下ったところが金比羅宮で、中には不動明王が祀られていました。
金比羅宮の前にはこんな鐘があって、適当な棒切れを拾って鳴らしてみたら、意外にも結構いい音が出ました。
金比羅宮を過ぎると、良く踏まれた穏やかな道に変わったので、金比羅宮まで登る人がいるのかもしれません。
かなり下ってきた地点で、1度だけ景色が開けました。この頃には雷鳴が断続的になっていて、近付いてくる気配も感じ始めていましたが、明るく晴れたままの空はまだ西側が見通せて、遠くに滝子山が霞んでいたのです。

さらに下り続けて、何事もないうちに舗装道路に迎えられました。
道路が森の中から抜けて、家並みが現れたあたりで北の空を見ると、いつの間にか黒い雲が近くまで忍び寄ってきていました。そのうち降ってくるかも、と最初に思ったのがこの時です。
集落入口のT字路では、標識が左折を案内していました。が、それに従って福泉寺の手前にある戸並入口バス停に向かっても、2時間近く待たないとバスが来ないので、先に書いた通り別のバス停を目指して右折します。
バス道路を横断します(この交差点の少し左に葛野バス停があります)。この頃までは晴れていましたが‥‥。
葛野川に架かる井山橋の手前で、いよいよ曇ってきました。雷鳴も近付いていて、その回数も増えています。
橋の上から北の空を見ると、黒い雲が間近に迫っていました。これはもう時間の問題かも(現在時刻は13:15)。
一方、東の空を見ると、百蔵山や扇山(どちらも頂上は前山に遮られて見えていません)の上空は、ようやく曇ってきた頃合だったようです。結構賑わっていましたし、中には下山が遅れた人もいるんだろうなぁ。。。

井山橋を渡った少し先、神宮橋バス停まであと5分も歩けばという位置に、ひっそりと御嶽神社があります。
小さな社があるだけの神社ですが、バスの時間には30分以上の余裕がある上、神宮橋バス停まで行っても何もないことが分かっていたので、ここで時間調整していきます。
境内は狭いながらも目の前の車道から死角になるので、着替えなどをしつつ過ごしていると、みるみるうちに周囲が暗くなり、かなり接近してきた雷鳴が地響きのような大轟音を繰り返す中、ついに雨が降ってきました。
一時はかなりひどい土砂降りとなり、至近距離への落雷も多かったので、そのまま小さな屋根の下で雨宿りをしてやり過ごし、落雷が少し遠ざかり、いくらか小降りになった頃合を見計らってバス停へと向かっています。

最後は雨の中、傘を差して神宮橋バス停に到着です。
バス停付近から見た百蔵山・扇山の方向です。一番酷い雷雨が過ぎたあとだったからか、稜線が見えてはいたけれど、一時は大変なことになっていたのではないでしょうか。
このあとも、大月駅周辺で食事をしてから帰る予定にしていたところを、雷雨の影響で電車の運行に影響が出たりするといやなので、とりあえず来ていた電車に飛び乗って、早く帰るのを優先しています。
雷雨のエリアが広範だったからなのか、それとも帰宅経路が雷雨の移動経路と重なったからなのかは分かりませんが、その後の電車移動中もずっと雷雨が付いて回り、自宅最寄駅に着いても土砂降りの雷雨は続いていました。
タグ:高尾・陣馬
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ