So-net無料ブログ作成

都留アルプス [富士山とその周辺]

2019/02/23(土)

■第400回 : 都留アルプス(蟻山(658m)・長安寺山(654m)・古城山(583m)


この日は都留アルプスを歩いてきました。山梨県都留市のほぼ中央に連なる標高500~700m級の山々を繋いだコースで、地元山岳会の発案によって2017年に整備された、比較的新しいコースです。

当初は雨が降ると予報されていた日に(予報が変わったのは前日)、早朝の7時前に歩き始めて10時過ぎには下山していたことも重なってか、自分以外の登山者に全く会わないまま歩き終えていますが、このコースの存在もまだ広くは知られていないのでしょう(例年ならば積雪が考えられるという、時期的な影響もあったことかと)。

(往路)
古淵 04:59-05:21 八王子 05:35-06:19 大月
大月 06:33-06:49 都留市

(登山行程)
都留市駅 06:55
蟻山   07:35-07:40
白木山  07:50
長安寺山 07:55
天神山  08:20
713m峰  08:55-09:00
697m峰  09:50
古城山  10:10-10:15
東桂駅  10:30

(復路)
東桂 10:43-11:15 大月 11:22-12:06 高尾
高尾 12:11-12:17 八王子 12:20-12:43 古淵


大きなマップで見る(Googleが運営するFirebaseのサイトに遷移します。※上に埋め込んだマップも同サイト上のものです)

富士急行線の都留市駅からスタート。昨夜までぐずついていた天気が、朝には回復しているという予報だったのを受けて早出してきたのに、上空はどんよりとした雲に覆われていました。
市街地を少し歩いて、ひまわり幼稚園の裏手から、「都留アルプス」の道標に従って登り始めます。
はじめは、谷村発電所の導水管に沿って、ジグザグに登ります。このことは予め知っていたのだけれど‥‥。
それが、こんな舗装された道だとは思いませんでした。なんだかちょっと味気ない登りです。

発電所の作業路でもあるらしい道を、導水管の落ち口の高さまで登ったところに、富士山展望台への分岐がありました。こんな空模様では何も見えないことが分かりきっていますが、一応は寄って行くことに。
分岐から1分も歩くと、ちょっと小高くなった場所が現れて、どうやらそこが展望台のようです。
案の定、「富士山展望台」なのに肝心の主役が不在です。展望写真も空しく見えて、すぐに引き返しました。

元の道の続きに戻ると、ようやく山道を歩けるようになりました。
「都留アルプス」の道標が割と短い間隔で道案内をしてくれて、相当の手間を掛けて整備した様子が窺えます。
「都留アルプス」最初のピークとなる蟻山に着きました。どの方角も見通しが良くて、かつて狼煙台があったという解説板の説明も頷けます。でも現在は元々さほど広くない頂上部の大半が電波塔に占有されて、手狭な場所となっている上に、見通せる方角も限られていました。それに、「蟻山」の標識も見当たらないようです。
天気はまだ回復する兆候すら見られず、どの方角を向いてもこんな景色ばかりでした。
短い休憩を取ったのち、蟻山を後にすると、なぜか一段下がった場所に「蟻山」の標識がありました。

エスケープルートの多いコースだけに、その後はしばしば分岐点を通過することになりますが、要所にはしっかりと道標が設置されていて、道案内は万全だったと感じています。
2番目のピークとなる白木山は、なだらかな尾根の途中といった具合の、あまり山頂っぽくない場所です。
白木山は大した展望もなく、蟻山で少し休んでから時間も経っていないので、通過するだけになりました。
次の長安寺山へは、プラスチック杭の階段道を登ります。ほぼ送電線に沿って進むこの登山道は、送電線巡視路と重なっているらしい区間が多く、この先でも同じような巡視路仕様の階段が何度も現れるのでした。
長安寺山も、雰囲気は先ほどの白木山と似ていて、あまりパッとしないピークです。
標識だけがポツンと立っていたのも、白木山と同様でした。他に何もないので、ここもスルーしてしまいます。

長安寺山から先へ進むと、すぐに「パノラマ展望台」への分岐があって、それらしい場所がもう見えています。
分岐点からほんの数十秒で「パノラマ展望台」に到着です。都留市駅側から歩いてきた場合、ここで初めてベンチを見ることになるので、ここを休憩地点にするのが良さそう。
未だ天候回復の気配はなく、ここからの眺めも残念なものに終わりました。来る時間が早すぎたのでしょうか。

展望台から元の道に戻ると、その後は一気に高度を落とし、山の麓あたりまで下った頃に分岐点に出ました。
だから分岐点で左を向くと、もう市街地がほぼ同じような高さに迫っていました。
一方、右には水路橋が見えていたので、近くまで行ってみます。橋の中を通っているのは、登りしなに見てきた谷村発電所へ通じる水路で、「都留アルプス」の登山道はこの水路沿いを進むコースにもなっているのでした。
水路橋の説明を読んでいたら、最後に気になる一文が。
  『★橋の下の中央で手をたたくと「鳴り龍」が聞ける。』
手を叩いてみたら、その余韻がちょっと面白かったです。2つの橋脚が近距離で隣接していて、その間で手を叩くと、反射音が橋脚間を瞬時に往復しながら減衰していくので、あたかも一連の断続音っぽく聞こえるのでした。

登山道に戻って軽く登り返して行くと、ほどなく鉄塔が建つピークがあります。てっきりそこが天神山だとばかり思っていたら、周囲をいくら探しても山名標が見当たりません。
その代わり、そこを過ぎて一旦軽く下り、同じくらい登り返すと、何やら前方に標識らしき物が。もしや‥‥。
やはり、それが天神山の標識でした。なぜこんな、およそ山のてっぺんっぽくない場所が選ばれたのだろう?
天神山の先で、再びガクンと下ると、目の前に再び水路橋が現れました。
ここでも水路橋と同じくらいの高さまで下るので、橋を横から眺めて通過していきます。

水路橋の先で、谷村第一小学校の学校林に入ります。「友愛の森」と名付けられた林内には東屋が建っていたほか、近くには多数のベンチもあり、ここが、このコースで腰を下ろして休憩できる最後の地点となりました。
東屋を少し過ぎたあたりで、道の左側になにやら標石を見掛けました。
地形図では何の表示もない地点なのに、標示杭には「大切にしましょう三角点」とあります。帰宅後に国土地理院のサイトで調べると、この地点にあるのは「図根点」となっていて、三角点の補助的なものなのでしょうか。
その後は割とダラダラとした登りを続けていくと、広く伐採されたエリアに入りました。そこでは大々的に桜の植樹が進められていたので、将来は桜と展望の両方を楽しめる場所になりそうです。
伐採地からの展望はこんな具合。見えているのは、都留文科大学前駅を中心とした町並みです。

都留文化大学前駅への分岐点まで来ました。都留アルプスには、その全長にあたる「がっつりコース」のほかに、家族で楽しめる「ファミリーコース」や登山初心者向きの「一般コース」の設定もあって、最も短い「ファミリーコース」はここから下山となります。実際のところ、楽しく歩けるコースはここまでだったような‥‥。
というのも、そこから先になると、ゴール間近の古城山に着くまでは見所らしい見所がなく、変わり映えしない景色の連続になって、歩くこと自体が好きな人でないと退屈するのではと心配になるような状況だったのでした。
しかも、713mピークの手前には、少々急な登りが現れたりもして、ややタフなコースに変わります。
急坂を登り詰めた地点に立つ道標には、手書きで「713M地点」と書き加えられていましたが、それは誤りです。さほど難しい地図読みではなく、地形図を見て歩いていれば誰でも気付けそうなことなのに、なぜ間違えた?
正しい713mピークは、この松林の中だったようです。このコースで最も標高の高い地点にしては、何もなさすぎて残念な景色ですけれど。

713mピークを過ぎると、間もなく尾崎山への分岐点に出て、都留アルプスの続きは案内通り右折になります。
その後はあまりパッとしない景色の中を、ウネウネと曲折を繰り返しながら下っていきます。あまりに頻繁に進行方向が変わる上に、地形的な特徴にも乏しいので、地形図を見ていても現在位置が分からなくなりました。
ただ、道標は過剰に感じるくらいに立っていて、道に迷う心配はありません。やがて、運動部の部活系らしい声やら物音やらが間近に聞こえてくるようになると‥‥。
楽山球場のすぐ脇を通過していきます。
ほどなく、楽山球場への分岐点に出ました。「一般コース」の場合はここまでなので、さらに先へ進むのは「がっつりコース」を選んだ人だけとなります。実はこの先にもまだ、結構大きな登りが控えていたりするので、ここまで来た時点で体力の残りに不安があったら、無理せずここからコースを外れた方が良さそうに思われました。

分岐点を過ぎると、薄暗くて殺風景な植林帯に入り、沢状の地形(この日は枯れていて水流はありませんでした)に沿って、長い登りが始まりました。はじめのうち、傾斜は穏やかでしたが‥‥。
しばらく登って沢から離れると、所々で景色が開放的になる一方で、傾斜はきつくなります。疲れが溜まってきた終盤での急な登りは、なかなか苦しいところ。それはそうと、今頃になって晴れてきたけれど、もう遅いよ!
その後もどんどん登らされて、一体どこまで行くのかと思ったら、鉄塔が立つ697mピークでようやく登りが収まりました。そこには「尾崎山」を示す道標も立っていて、分岐点にもなっているようです。
それにしても、都留アルプスのコースマップでは、コースの後半部分がまるで何事もなく歩けるかのようにあっさりと書かれているのに、実はそこに、コース中でも最大規模の登りが2つも潜んでいたことになります。
さらに先程の713mピークといい、この697mピークといい、コース中で最も高い2地点に何の名前もないことも残念に感じました。確かに、どちらもピークとしては中途半端で、名付けるほどの地点でもないのですが‥‥。

697mピークからの下りは、気持ちの良い雑木の尾根道になりました。傾斜もほどほどで歩きやすいです。
最後はやや急な下り坂になって、一旦森から抜けます。ここまで来れば、あとは古城山への登りを残すのみ。
しかし、その最後の登りがまた、ほんの短いものですが傾斜はすこぶる急でした。ここがコース中で一番の急登だったと思われ、あまりの急斜面に、プラスチック杭の階段も崩壊気味です。
急登を登り詰めると、最後のピーク、古城山に到着です。
山頂の南側には住吉神社が鎮座しています。
急だったとはいえ、短い登りだっただけに、麓との標高差は小さくて、町並みがすぐ下に見えていました。

神社の境内で少し息を整えたら、最後は住吉神社の参道を下っていきます。
少し下って、奥からくぐってきた鳥居を振り返りました。
参道の途中には獣害防止の柵があって、扉を開閉して通過します。
こちら側の登山口となっている参道の起点まで、山頂からほんの数分で下ってしまいました。

あとは車道を歩いて、東桂駅へと向かいます。
この頃にはすっかり晴れ渡っていて、三ツ峠山をスッキリと眺められました(このあと富士急行線の車窓からは富士山も拝めています)。この時間から歩き始めていれば、展望台からの景色も見応えがあったことでしょう。
ゴールの東桂駅に到着。この日は都留市駅からここまで、自分以外の登山者と全く会わず、静かに山歩きができています。マイナーなコースでは時々あることですが、一般向けに整備されたコースなので少し意外でした。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

日の出山・御岳山 [奥多摩]

2019/02/02(土)

■第399回 : 日の出山(902m)・御岳山(929m)


今年の1月は記録的な降雨量の少なさで、南関東エリアの多くの山々には、全く雪が降っていない状況でした。
ようやく月末の31日になって、夜の短い時間ではあったものの、山間部ではいくらか積もる程度の雪が降ったようなので、その2日後の朝、久しぶりの雪の感触をお目当てに奥多摩へ出掛けてきました。

しかし最初に登った日の出山の登山道には、ほとんど積雪がなくて、大いに期待外れに終わってしまいます。
それでも御岳山エリアに入ると、10~15cmほどの積雪になっている箇所が多くなり、しかも朝早く出掛けてきた甲斐あって、まだあまり踏み固められていない、良く締まった雪道の感触を楽しめるようになりました。
なかでもロックガーデンを周回する間は、局所的にはかなり雪が深い場所もあり、ほとんど人がいなくて静かな時間帯だったことも幸いして、一面の雪景色の中に漂う凜とした雰囲気を存分に味わえています。

(往路)
古淵 05:36-05:58 八王子 06:08-06:23 拝島
拝島 06:26-06:44 武蔵五日市 07:10-07:27 松尾

(登山行程)
松尾バス停 07:30
滝本登山口 07:45
日の出山  08:55-09:10
長尾平   09:55
天狗岩   10:05
綾広の滝  10:30-10:35
長尾平   11:00
御岳山   11:10-11:25
御岳山駅  11:45

(復路)
御岳山 11:45-11:51 滝本/ケーブル下 12:01-12:09 御岳駅
御嶽 12:19-12:40 青梅 12:48-13:07 拝島
拝島 13:31-13:42 八王子 13:50-14:05 相模原
相模原 14:08-14:15 古淵


大きなマップで見る(Googleが運営するFirebaseのサイトに遷移します。※上に埋め込んだマップも同サイト上のものです)

どこに出掛けるのかは少々迷いましたが、御岳ビジターセンターの最新情報(前日更新)に「御岳山周辺は積雪15~20cmで軽アイゼン必須、日の出山方面も真っ白」とあるのを確認して、この2山を行先に決めてきました。
武蔵五日市駅まで来ると、市街地に雪はなかったものの、周囲の山々はそこそこ白みががって見えていました。
松尾行きのバスの乗客はわずか2人で、登山者は私だけでした。松尾バス停周辺に雪はほとんど見られません。
つるつる温泉へと続くバス道路を少し歩いて、ここから細い道に入ります。
滝本集落への細い道にも、雪は時折うっすらと積もっている程度でした。集落に着く手前で、早々と下山してきた単独行のハイカーとすれ違いましたが、その後は全く人と会わなくなります。

松尾バス停から15分ほどで滝本登山口へ。ここは上空を遮る樹木がなくて、少し白くなっていましたが‥‥。
登山道に入ると積雪はほぼ皆無で、このあたりでも樹林帯の下まで積もるような降り方ではなかったようです。少し白く見えるのは、樹木への着雪が時間を経て落下した物が主体で、私もこのあと何度か直撃を食らうことに。
標高を上げていくうちに、いくらか積雪も見られるようになりますが、このような場所は限定的でした。
この登山道はつい最近補修工事が行われていて(登山口に看板あり)、真新しい木段を何度も見掛けました。
標高650mほどの顎掛岩まで登ってきても、まだ雪はわずかで、ちょっと期待外れです。
顎掛岩の近くには、新しいベンチが設置されるようですね。
顎掛岩の少し先で、景色が少し開けます。元々うっすらとしか積もっていなかった雪も、陽当たりの良い場所ではとっくに消えてしまったようで、地面もすっかり乾燥していました。

さらに標高を上げると、雪が残る場所が次第に増えてきましたが、量のほうは相変わらず物足りなかったです。
林道との合流点で、上空が開けているからか雪が深くなったのも束の間、雪はこの先ですぐに少なくなります。
ようやく雪の感触を味わえる場所が続くようになったのは、いい加減頂上直下の木段まで登ってきた頃でした。

日の出山の頂上に到着しました。登山口からは全く人と会わずに登ってきて、到着時の先客もわずか2人という少なさ。やはり今回のような雪の降り方では、もう少し標高の高い所を目指した人が多かったのでしょう。
頂上の積雪は10cmほどでした。最高点にある三角点や標柱の周囲に雪がなかったのは、誰かが除けたのかな?
日の出山からの展望です。空気は良く澄んでいて、南側には丹沢の山々がスッキリと見渡せました。
  ※下の写真は縮小版で、大きな写真(文字入れなし)は こちら です。
大岳山(右)にはそこそこ雪が積もっているようです。左に写っている富士見台の右肩には少しだけ富士山も。
とはいえ上の写真では富士山をほとんど認識できないので、富士見台のあたりをアップにしてみました。
北東側に見える奥多摩の奥深いエリアの山々も、それなりの雪化粧をしていました。
  ※下の写真は縮小版で、大きな写真(文字入れなし)は こちら です。

日の出山から御岳山へ向かってみたら吃驚。なんとそれまでの状況が一転して、しっかりとした雪道が現れたではありませんか。日の出山までの物足りなさゆえ期待していなかったところ、俄然テンションが上がりました。
しかも、まだそんなに踏まれていないので、キュッキュッと雪を踏み締めて歩く感触が残されています。
木段のところばかりは、みんなが同じように踏むので雪が薄くなっていましたが、それでも踏み固められる前だったので滑ることはなく、シューズに滑り止めを着けないままでも歩くのに支障ありません。
鞍部を過ぎて、御岳山への登り返しに変わっても、楽しんで快適に歩ける雪道が続きます。
日の出山と御岳山の間は、ほぼ一貫してしっかりとした雪道が続いて、雪が少ない場所は限られていました。

御岳集落に入ると、集落内の道路は当然ながら完全除雪されていました。
武蔵御嶽神社の大鳥居前まで来たら、神社へ続く250段の石段が始まります。さすがに降雪後とあって、ここも登山者や観光客の数は少なかったようで、休日の日中にここで人が入らない写真を撮れるのは珍しいと思います。

さて、日の出山に着いた時点では、雪も少ないことだし、あとは御岳山と大塚山を回ったら帰ってしまおうかと思っていたのですが、御岳山までの登山道の積雪状況からすると、ロックガーデンがそれ以上の雪景色になっているのを期待できそうです。そしてそれは、ほかの人よりも早く行けば行くほど、より楽しめるはず。
そこで、御岳山に登るのは後回しにして、石段を途中で外れて、長尾平・大岳山方面への登山道に入ります。
2箇所あるロックガーデンへの分岐のうち、長尾平の分岐は見送り、その少し先の2番目の分岐を選びました。
ロックガーデンへ下る道は、深い樹林帯に入るからか、期待に反して積雪はやや少なめに。ちょっと微妙かな?
ただ、先行者の足跡が少ないのは良い材料です。下った先にどんな景色が待っているのか、ワククワでした。
天狗岩まで下ってきたら、もうロックガーデンはすぐ下です。ところで、ここで会った2人のハイカーが、てっきりすぐ後に続いてくるかなとこの時は思ったのでしたが、そうではなかったようです。

ロックガーデンに着きました。これは、なかなかいい感じの雪景色ではありませんか。
雪の深さは15cmくらいでしょうか。先行者の踏み跡を外せば、新雪の感触も味わえますが、チェーンスパイクもスパッツもザックに入れたままなので、とりあえず踏み跡を追います。それでも、まだあまり踏まれていない雪は柔らかくて、歩いているのがとても楽しいですし、ここに来てみて良かった!
前後を見渡してもほかに誰もいません。沢の水音のほかに聞こえるのは、雪を踏み締める自分の足音だけ。
途中で何度も沢を渡ります。飛び石の上は少々滑りやすくて、シューズのままで歩くには慎重さが必要でした。
上流に向かうにつれて、雪は少しずつ深くなっていくようです。
途中にある休憩舎では2人のハイカーが休憩中で、ロックガーデン内で見掛けた唯一の人の姿になりました。
さらに沢沿いを遡ると、沢幅が狭まった箇所に差し掛かります。
ちょっとしたゴルジュ(というと大袈裟ですが)を通過します。岩道になるので、少し足元に気を遣った所も。
このあたりまで来ると、流れが細くなった沢の水音も弱まって、ほぼ静寂に近い世界でした。
ロックガーデンの最上部が近付くと、いっそう雪が深くなりました。その一方で足跡の数が少し減ったような気がしたので、先行者の中には途中で引き返した人がいたのではと思っています。
綾広の滝が見えてきました。
綾広の滝です。さすがにこんな状況下なので、勢いなくチョロチョロと流れ落ちるような具合でしたけれど。
綾広の滝の先には、短いけれど急登となる区間があります。ここだけは、チェーンスパイクを装着する必要があるかもと思っていましたが、実際に歩いてみたらシューズのままでも全く問題ない状況でした。
ほどなく、大岳山への登山道と合わさる地点にある休憩舎が見えてくれば、ロックガーデンの遊歩道もおしまいです。結局この日、最後までチェーンスパイクは使わずに済んでしまいました。

あとは、登山道を歩いて御岳山へと戻ります。さすがに大岳山への登山道は良く踏まれていました。
陽当たりの良い場所では、雪が全くなくなってしまっていることも。
途中には新しい公衆トイレができていました。確か前回ここを歩いた時は、まだ設置工事中だったっけ。
周囲の状況によっては雪が深い所もあったりして、引き続き雪の感触も味わえました。

武蔵御嶽神社の石段の途中まで戻ってきました。
石段の残りを登り詰めていきますが、なんと途中で両足の腿が攣りそうになって、休み休みでないと登れません。1ヶ月ぶりの山歩きでしたし、雪道のために普段と違う筋肉の使い方をした影響もあったのでしょうか。
御岳山の頂上に鎮座する武蔵御嶽神社です。
やはり参拝者は少なめで、いつも途切れることのない参拝待ちの行列が、この日はほとんどできませんでした。

神社の奥に進んで玉垣内に入ったら、「御岳山山頂」の石柱が立っている大口真神社へ。
上の写真でも左奥に写っていますが、最も奥にある奥宮遥拝所のあたりが、御岳山の最高点だと思います。
最後に奥宮遥拝所の前に立って、奥の院を軽く拝んでいきました。

御岳山でゆっくり休んだら、さっき一旦腿が攣りそうになったりしていたので、あとは大人しくケーブルカーに乗って下山することにして、完全除雪された御岳集落内を抜けていきます。
ということで、御岳山ケーブルカーの御岳山駅へ直行です。
駅前に着いたら、ちょうど30分に1本の発車時刻間際だったので、写真を撮るのもそこそこに飛び乗りました。

タグ:奥多摩
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ